ガチャガチャとは

コインを入れてレバーを回すとおもちゃが出てくる、ガチャガチャやガチャポンと呼ばれる機械があります。
正式名称は「カプセルトイ」というもので、カプセルの中に様々なおもちゃが入っているためこの名前が付けられています。
子ども向けのものであるため、親しみな舞名称をつけようと販売メーカーがガチャという擬音を入れた「ガチャガチャマシン」や「ガチャンコステーション」という愛称をつけたことで、ガチャガチャという名前で浸透しています。
店頭にあったりゲームセンターにあったりと様々な場所にあり、その数は全国で20万台あると言われています。

ガチャガチャは誰もが小さい頃には一度は試したことがあり、子どもたちがするものだと思われてきました。
100円という手頃な価格であるため子どもがお小遣いで行いやすいものでしたし、気に入ったシリーズのものを集めたという経験のある人も多いものです。
ショッピングモールやデパートでの買い物帰りやレストランの食事帰りに自分のお小遣いでガチャガチャをして帰ったり、親にねだって回したりダメだと言われて泣いて帰ったというのも子どもの頃の思い出の定番です。
しかし、最近ではこのガチャガチャに変化が起きています。
子どもたちの楽しみから大人の楽しみへと変化しているのです。
価格も100円でないものも増えています。
そこで、ここでは現代のガチャガチャの特徴や、人気のあるおもちゃ、販売場所、人気の秘密といったことを紹介していきます。



○特別リンク
空カプセルやマシンなども販売しているガチャガチャ専門店のサイトです >> ガチャガチャ専門店